お金の話はタブー!沖縄の金融リテラシーの低さは日本の中でも下位!?

日本で金融教育において関心が高まった背景の一つに、

リーマンショックがよく挙げられます。

その当時、小泉政権下で

「貯蓄から投資へ」、「自己責任」、「個人投資家の増加」

など、国発信で金融リテラシーを高める動きがあった頃でした。

証券会社に勤めていたこともあり、ずっと日本が遅れていると言われていた事は、

「金融リテラシー」

私として感じていた事は、特に子供への金融教育。

社会人になると、いきなり「お金」と身近になります。

ちょっと前まで学生だった自分が、自身で管理しなくかなくてはなりません。

経験することといえば、

  • 家を借りる賃貸契約(一人暮らしをする場合)
  • 車のローン
  • クレジットカードの契約
  • 国民年金や厚生年金、健康保険などの社会保障制度
  • 収支(給与)と支出のバランス
  • 貯蓄や運用、保険などの金融商品
  •  

現に、高校までの教育で学ぶことはほとんどなかったですよね。

※制度として社会の時間に学ぶことはあっても、金融の視点では教科として教わるのは、商業科や専門学校・経済・商学部などに限定されているように思います。

 

私が金融機関で働いていて、

「金融」の事を知っている人というのは、金融投資の経験がある方がほとんど。

大多数が、身近な金融商品や生活に関わる金融知識に乏しかった様に思います。

そして、

実感したのは、多くの人が親から学んだお金の知識や価値観で「お金を捉えている」ということ。

価値観など影響を受けるのは当然なのですが、

実際のところ、親もちゃんとした

「お金の教育」を学校教育でされていないんで、

日本人の「お金」への価値観は、

「タンス預金とか貯金が一番」とか、「リスクは取らない方がいい」という概念の話になっちゃう訳です。

 

※上記の価値観が悪いということでは無く、他のお金の扱い方を経験したり、知らないのに、そう言って他の情報をシャットダウンしてしまうことが多いという事です。

 

2016年に行われたOECD調査で、

30カ国中日本の金融知識についての設問で正答率は、22位/30カ国中。

国内の金融リテラシー調査で、

沖縄は、日本の中で下から2番目。

金融トラブルの経験者の割合が連動して高いとのこと。

 

貧困が教育格差を生んでいる現状。

「お金」が、自分の人生の計画性や可能性を広げるツール。

 

私が、金融機関で一番学んだ概念です。

 

子どものときから、

お金の使い方や概念、金融商品や取引の知識を知っていると、

沢山の夢の叶え方を知ることができます。

ダンスやプログラミングが小学校で教科として導入されます。

 

「金融」こそ、

 

次は導入して欲しい教科と思います。