こども未来ビジネスプロジェクト2019 レポート

alive 主催 夏休みキャリア教育実践カリキュラム

暑い沖縄の夏が終盤を迎えようとしています。

 

7月27日からスタートし、8月25日の成果発表会まで全6回のキャリア教育実践カリキュラムが無事終了いたしました!

本当に、熱い夏となりました。

 

今回応募者は13名の沖縄県内の小学5・6年生の子供達。

 

応募した背景には、

・友達をつくりたい

・新しいことにチャレンジしてみたい

・お金やビジネスに興味があった

・親が参加してみたらと声をかけてくれたから(←正直な答えが素直で素晴らしい!笑)

など。

 

そして、迎えた初日。

緊張した面持ちの子供達。

でも、授業に一生懸命な姿が印象的でした。

初日は、公立小学校道徳部の安里先生による、

「働くとは何か?」の道徳授業。

いろんなお金の稼ぎ方や自分がどんな働き方をしたいのか、子供達も自分自身と向き合います。

 

社会問題講話で、「こども貧困や虐待問題」をご講話頂きました、日本こども未来支援機構の武藤杜夫先生。

みんなが、背筋を伸ばし、先生の話にのめり込んで、心に刻まれるお話でした。

 

そして2回目・3回目は、

aliveの野原による、

「ビジネスとチャリティの授業」

 

子ども達が誰かの為に自分ができることを、実践する企画を進めます。

・チャリティ活動の企画

・仕入や原価計算

・広報活動

・金銭管理

・シフト管理

全て子供達主体で授業を進めていきました。

 

ラジオ告知やyoutube告知も行いましたよ!

 

そして、いよいよ実践の日。

マミーズマーケット「こどもチャリティ」出店!!

 

・ゲーム

・物販(景品を集め、仕入れをしてます。)

・募金活動

しっかり、2万円近くの収益が上がりました。

 

子どもたちが選んだ寄付先は、

・赤い羽根募金

・あしなが育英基金

・日本こども未来支援機構

しっかりと寄付させて頂きました。

 

そして、プレゼンテーションの授業で自分の学んだことをしっかりと文章におこし、スライドを選んで、発表練習!

 

発表会当日、みんなしっかり自分のことばで、頑張って覚えたスピーチを堂々と発表してくれました。

最後は、みんなで記念撮影。

 

運営に関わったスタッフ一同、子ども達やその親御様に出会え、熱い夏を一緒に過ごせたことを嬉しく思います。

 

こども未来ビジネスの1期生のみなさん。

 

大きく、羽ばたけ〜!!!